ゆちょん、と。ver.3.5

いつも大好き。いつまでも大好き。

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして2日目~あんぐりBrilliant

2日目は初日に飛ばし過ぎたせいなのか(笑)、

巻き巻き&少し疲れ気味っぽい感じで~~kao02

<前半トーク>

YC「東方神起の活動も日本で5年目だし、」

と言い始めたとこで会場から男性ファンが

「ユチョーン!!」と叫ぶ。

嬉しそうに「はぁい^^」と答えるパク氏。

その流れで今日は男性ファンが多いですね~という話に。

JJ「じゃあ今日会場にいらっしゃっている男の方だけ、

1回叫んでもらっていいですか?いち、にぃ、さん!せぇーのっ!」

男性ファンたち「うおおおおおおおおおお(雄叫び」

まさかのJS「イエス!!!」←なぜ

今まで成長してきたと切り出し、じゃあ新しいギャグでもという流れに。

YH「昨日は実はジュンスよりはチャンミンがやったんですよ」

そのあと歓声でユノが何を話したかがうやむや。

YH「チャンミンそういえば新しいネタとかないの?」

CM「じぇんじぇんないですね。残念ですね」←ちっとも残念じゃなさそう

JS「無理してでもやって下さいよ!(強気」

そしてユノとジュンスがチャンミンを責め立てているときに、

会場から、チャンミンコール発生。

CM「ジュンスの新ネタないの?とか聞いてる途中に、何で僕が・・・」

ジュンスがたまには休みたいとチャンミンに訴える。

CM「ほんと僕はギャグに興味がないんですよ。

興味がないですけど、今年になって自分のネタが1個、、、

それもジュンスに習ったんですよ。やってみましょうか?」

CM「おやじギャグですね、、、みなさん、、、、、お疲れやまぁ」

歯を食いしばって耐えるチャンミン。

そんなチャンミンの周りで暴れるユノ。

落ち着いたあとYH「でも可愛いですねぇチャンミン(嬉々」

CM「今、、、ほんとに高いマイクで良かったですよ。

ちょっと安かったら投げたんですよ。(と言いながら投げつけるフリ)」

ジュンスも何かやらなきゃという話になって、

JS「今日はセクシーでどうですか?」と言ったのに、

ユチョンが「カリスマ」を見たいと熱望し、結局カリスマに。

それを見たジェジュンが大喜びし、その物真似をする。



<後半トーク>

JJ「アンコールありがとうごじゃいまぁす~いやぁ~~

盛り上がってますねぇ~楽しいっすねぇ~暑いっすねぇ~いや~暑いなぁほんとに、、、

大阪のみなさんほんと最高に暑いっすねぇ~!いや~すごい、、、」

JJ「えっとさっきの2曲は東方神起の1stアルバムの中の2曲で、

あの~だいたい4年ぐらい前の曲なんですね~懐かしいですね~

あの~この会場に来ていらっしゃってるお客さんの中で

この曲聴いたことないって方も来ていらっしゃるかもしれないですけど、

このみなさんアンコールを叫んで歌ったPVが何個ぐらい出てきたんですけど、

こういうかっこいい素敵な曲を歌って、この会場で、

あの~歌えるようになったのはですね~みなさんの熱い愛で、

熱いパワーで、この~、あの~ありがとうごじゃいますっ!!!」

↑支離滅裂

YH「ほんとにジェジュンが言ったとおり、全体的にすごいですね~

昨日ももちろん良かったんですけれども~今日がほんとに熱い!」

会場歓喜の声を聞いて、

YH「みんな~好きやねん!」

すかさず割り込むチャンミン(笑)

CM「それではですね、またここで次の曲にいきたいんですけど、次の曲がですね~」

↑この時点で息も絶え絶え

大ブーイングが起こる

CM「仕方がないんですよ~体力を考えて下さい、、、(瀕死」

大ブーイングがまだ起こる

CM「ほんとに、、、体力がないんですよ、、、」

大ブーイングがどうしても起こる

CM「あのですね、次の曲はですね、」

大ブーイングが止まらない

JJ「・・・もうちょっとだけ!しゃべりましょう!」

YH「いつからちょっと噂になっている気がちょっとしてますよ~」

↑水曜にごねればトークが伸びると誰かに聞いたのかと言いたいらしい

JJ「あの大阪の人は~熱いからぁ~じゃあもうちょっとだけ、

しゃべって次の曲にいきましょう!」

JJ「え~っとちょっと自分気にしてなかったんですけど、

後ろのみんなあのほんと照明がきつくて、よくは見えないんですけど、

よく聞こえますかぁああ?」

照明がファンをよく見えるように変わる

JJ「いやっ結構ね~いや照明がなくなったら、

よく男の方がいらっしゃってますね~ちょっと見たら~

あ、あそこ!いるいる!すっごい可愛い!」

と言いながらユンジェがステージ後方のファンを指差す

JJ「あ、アタシ?アタシ?って!!!(興奮」

↑自分を指されたと思ってファンのみんながしきりに慌てている

姿を見て嬉しそうに笑うジェジュン

JJ「ありがとうごじゃいます~」

YH「ほんとにたくさん来ていただいて」

JJ「そうですね!こんな熱い大阪のみんなにあの~

次の曲の紹介をしなければいけない(笑)」

やっぱりブーイングが起こり、ユノがチャンミンに耳打ちで

このままどうにかしろと指示を出す

CM「ここから僕の出番ですね!」

YH「そうですね!」

CM「あの~次の曲~、」

えーーーー!っと案の定ブーイング

JJ「え~(A)メロから教えて下さいってことじゃないですか?」

CM「Aメロから!」

JJ「Aメロ!」

CM「それは後で聞いて下さい~(天邪鬼」

新曲紹介に突入
※ちなみにユス完全黙秘中※

ユチョンは体力の限界のため俯いたまま。
SBUも高音が出せないためか、低くアレンジして歌う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tvfxqholic.blog75.fc2.com/tb.php/76-cfaee3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。