ゆちょん、と。ver.3.5

いつも大好き。いつまでも大好き。

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画をあまりにも乱雑に保存しすぎて限界を感じ、

少しづつ少しづつ整理しているんですが。

「ファイル形式が違う、サイズが違う、タイトルが違う」

というだけで中身をきちんと確認せずに残しまくってまして。

おーかーげーでー時間がかかる!!!(自業自得

外付けHDDくんを集めて一気にPCに接続して、

「あっちでもない、こっちでもない」

と移動して整理してるせいで非常にHDDが重い・・・・・・(自業自得2

その中で少し気になったこと。

ユノぐんが2004年3月9日のインタビューで、

040309.km.interview-firstkiss22.jpg

「ファーストキスはまだです」

ってものすごーく笑顔で答えてるんですけど、

確か某インタビューでは高校3年生と答えてました、、よね?

2年やったかな・・・?いや、それはジュンちゃんのポポ年齢だったはず。

この時点で確かユノは高校を卒業してたはず・・・

ってことは、どっちかのインタビューはコジンマル(笑

おまけにゆっちょーんのを(笑

040309.km.interview-firstkiss33.jpg

ユファニが、

自分の彼女と、ちびトンバンのちゃにくん&むんびにと一緒に遊んでいるのを見て、

「彼氏のお兄ちゃんがゆちょんっていいなぁ・・・・・」

って思ってしまった。。。

しかもクルージングって何さ(ぇ

いや、別にそこはどうでもいいことなんですけど(笑

SMの冬アルバムの㌧曲(Evergreen)が、

ゆちょ作曲・ちゃんみに作詞

と聞いて思いの他テンションが上がる。

こういう風に㌧内で、こうやってどんどん一緒に何かを作り出すっていいなぁ。

ジェジュンさんの曲はいつになったら・・・

how to mnet

how to mnet2


Mnet.com(韓国サイト)の海外会員加入の方法~

この順番に進んで、最後は個人情報を入力して終わりです。

むっちゃ簡単なのでぜひ~

そして投票もぜひ~(笑

27日から今日まで韓国に行って来ました~キラキラ
やっぱり1番感じたことは、

「トンバンシンギ最高ぽっハートそしてカァ最高ポハート

ということ。

允浩の負傷があって、でも誰より凹んでるのは允浩やから、その分たくさん盛り上げて来よう!と気合を入れてたけど、何よりカァたちの愛に包まれてるみんなを見てたら、楽しくてうらやましくてうれしくて、最高のコンサートでした。

まぁ、正直アンコールで可愛く走り回ってた在中が奈落に落ちる瞬間をばっちり見てしまったので、そのあと怖くて怖くてびっくりしたけど、でも大丈夫やったみたいやでっていうオンニの情報をもらってからは余韻に浸ってました。

続きを読む »

最近巷でいろんなことが話題になってて。
いつもは絶対見に行かない某コミュニティエンタメサイトの某㌧コミュをちらっと見たんですが。


「絶句」


そんなことを聞いちゃうんですか?っていう質問で埋め尽くされてて失笑。
いや、自由ですよ。
答えてあげてる人もいるわけだし。

でも例えば、㌧のハングル名のスペルを聞く意味が分からん。
wikiれば全部書いてあるやん。つかそもそも公式サイトに載ってるやん。

あそこってあんな場所やったんですね。
ふむ。
ひとつひとつつっこむ気にもならず、閉じてしまったけど。

ひでちゃんのカシオペアへの発言とか、お金の使い方とか、マナーとか。
一々トピ立てなくても常識の範囲内で考えて動けばいいんじゃね?なことばっかり。
某くり姉さんや、他の友達の嘆きの理由がよーーーーく分かったような気がした。

そもそもひでちゃんがあんなにカァちゃんを好きなのは、それだけの理由があって。
だからビギストもこれから、って思ったりとかはしないのかね?


あたしは、カァちゃんへの愛をはっきりストレートに表現しちゃうひでちゃんやから好き。
そんなひでちゃんやからこそ武道館であんなに感動できたんやし。
いつだって支えて、受け入れて、応援して、見守ってくれた可愛いカァちゃんたちに、あれぐらいは当然なんじゃね?
だって今年は4集も出さずに、日本や、他の国に遠征ばっかり。
それでもほんの少しの凱旋のたびに「オッパたちお帰り!!!」って暖かく迎えて、力を与えて。
こないだのアジソンだってどんだけカァちゃんと㌧の絆を見て感動したか。


うらやましさはいっぱいやけど、その是非を問うのは如何なものかと。

ふむ。

何だかなぁ。

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。